ITエンジニアが適職でないと感じたら

IT業界はまさに世界のトレンドの業界であり、働く人たちの収入も概して高いことが知られています。
そのため、将来の職業としてitエンジニアを目指す人が大勢います。
しかし、実際に働いてみるとあまり仕事内容が自分に合わないという人や、より優秀な人に圧倒されてしまう人もいて、転職を考えるようになることも少なくありません。
そういった際に、今まで培ってきた知識や経験を生かせる職種に就きたいと考えることも多いものの、ITエンジニアという技術者としての力を発揮することそのものが自分に合わないと思ってしまったときには、なかなかよい選択肢が思いつかないかもしれません。

ITtエンジニアとして仕事をしてきたとすると、エンジニアについての理解が高く、IT業界でのトレンドや仕事についても、専門的見地から理解することができるというメリットがあります。
それを活用できる道として、企業とフリーエンジニアとを橋渡しするエージェントとして働くという方法があります。

フリーランスをすることもできますし、専門の企業への転職を考えることもできるでしょう。もし、これまでに十分な人脈を築けてきているのであれば、それを生かしてフリーのエージェントとして活躍する道を選ぶのも良いかもしれません。
もともと人脈があり、業界での知識や経験があるということがエージェントとして起業する下地に必要なものであり、エンジニアとして働いたことで、自然に準備ができているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です